肌の水分保持機能を改善させる効果があるライスパワー№11を高濃度で配合しているKOSE「米肌」。

米肌とライスフォースはどちらの方が良いのでしょうか?

値段や特徴を比較してみました!

 

 

米肌とライスフォースの違いとは?

米肌

基本のトライアルセット「潤い体感セット」の全成分

肌潤石鹸の全成分

カリ含有石ケン素地・水・ラウリン酸・グリセリン・オリーブ油・グリコシルトレハロース・コメエキス・ダイズ発酵エキス・トコフェロール・ビフィズス菌発酵エキス・ポリクオタニウム-51・BG・エタノール・クエン酸・スクロース・加水分解水添デンプン・結晶セルロース・乳酸Na・フェノキシエタノール・メチルパラベン

 

肌潤化粧水の全成分

水・BG・エタノール・グリセリン・ジグリセリン・グリコシルトレハロース・コメエキス・ダイズ発酵エキス・ビフィズス菌発酵エキス・EDTA-2Na・イソステアリン酸PEG-50水添ヒマシ油・オクチルドデカノール・キサンタンガム・クエン酸・チオ硫酸Na・リン酸2Na・加水分解水添デンプン・乳酸Na・メチルパラベン

 

肌潤改善エッセンス

精製水・ 1.3-ブチレングリコール・濃グリセリン・エタノール・セトステアリルアルコール・ dl-α-トコフェロール・オレンジ油・グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液・ビフィズス菌エキス・納豆エキス・アクリル酸ナトリウム・アクリロイルジメチルタウリン酸ナトリウム共重合体/イソヘキサデカン/ポリソルベート80 ・エデト酸二ナトリウム・クエン酸・チオ硫酸ナトリウム・バチルアルコール・ベヘニルアルコール・ポリオキシエチレンコレステリルエーテル、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、メチルポリシロキサン・リン酸一水素ナトリウム・水素添加大豆リゾリン脂質、乳酸ナトリウム液・無水エタノール・流動パラフィン・フェノキシエタノール・メチルパラベン

 

肌潤クリーム

水・BG・メドウフォーム油・グリセリン・スクワラン・トリエチルヘキサノイン・セテアリルアルコール・グリコシルトレハロース・コメエキス・ダイズ発酵エキス・トコフェロール・ビフィズス菌発酵エキス・EDTA-2Na・エタノール・キサンタンガム・クエン酸・ジメチコン・ステアロイルメチルタウリンNa・チオ硫酸Na・ベヘニルアルコール・リン酸2Na・加水分解水添デンプン・水添レシチン・乳酸Na・フェノキシエタノール・メチルパラベン

 

米肌は肌に危険な添加物などは配合していない為敏感肌の方でも安心して使用することができる。

 

米肌の特徴

米肌は全シリーズに肌の水分保持機能を改善するライスパワー№11エキスを配合しているのが特徴です。

 

米肌肌潤シリーズの肌への効果

ライスパワー№11でセラミドが増える!

肌潤シリーズに配合されているライスパワー№11は肌の角質にあるセラミドをつくり出してくれる働きをしてくれるお肌の水分保持機能を改善させる効果があります。

 

一時的な保湿でなく肌自らが潤う力を取り戻す働きをしてくれます。

 

モイストリレー効果で美容成分を浸透しやすい状態に!

モイストリレー効果とは角層柔軟オイルが硬くなってしまったお肌の層を柔らかくほぐすので肌にぐんぐん美容成分を浸透しやすい状態を作ってくれる効果です。

 

米肌肌潤化粧水はモイストリレー効果を使って保湿力の高い成分をお肌内部まで届けることでしっかり保湿効果を感じることができます。

 

6種の高保湿成分を配合でしっかり潤う!

肌潤シリーズは「ライスパワー№11」「大豆発酵エキス」「ビフィズス菌発酵エキス」「グリコシルトレハロース」「乳酸Na」「グリセリン」という高保湿成分をたっぷり配合しているのでしっかりお肌を潤してくれます。

 

米肌のコスパ

米肌の公式サイトでは手軽に米肌の商品を試せるトライアルセット定期お届け便サービスでの販売を行っています。

 

14日間トライアル「潤い体感セット」

「潤い体感セット」内容

肌潤石鹸

 

肌潤化粧水

 

肌潤改善エッセンス

 

肌潤クリーム

 

肌潤化粧水マスク(非売品)1枚

 

上記のアイテムが入った14日間トライアル「潤い体感セット」を公式サイトで申し込むと通常価格5956円相当の商品が初回限定1500円で購入することができます。

↓ ↓ ↓

米肌「潤い体感セット」

 

お得な定期お届け便

公式サイトには毎月お得に米肌の商品を購入出来る定期お届け便サービスもあります。

 

定期便の詳しい説明は以下のページに記載されているので参考にしてください。

↓ ↓ ↓

定期便

 

ライスフォース

ライスフォース全成分

ディープモイスチュアローション
ライスパワー№11、水、エタノール、BG、DPG、濃グリセリン、グリチルリチン酸2K、DL-PCA・Na液、大豆リゾリン脂質液、ヒアルロン酸Na-2、植物性スクワラン、天然ビタミンE、PEG(120)、POE・POPデシルテトラデシルエーテル、POE(25)POP(30)、カミツレ油-2、粘度調整剤、pH調整剤、メチルパラベン

 

ディープモイスチュアエッセンス
ライスパワーNo.11、水、シクロペンタシロキサン、ジメチコン、濃グリセリン、エタノール、BG、DPG、POE・ジメチコン共重合体、オクタン酸セチル、オリーブ油、植物性スクワラン、天然ビタミンE、POPメチルグルコシド、ポリオキシエチレンセスキステアリン酸メチルグルコシド、セスキステアリン酸メチルグルコシド、グリセリンモノステアリルエーテル、POE(7)ラウリルエーテル、軽質流動イソパラフィン、ヒアルロン酸Na-2、グリチルリチン酸2K、POEステアリルエーテル、カミツレ油-2、粘度調整剤、pH調整剤、EDTA-2Na、メチルパラベン

 

ディープモイスチュアクリーム
ライスパワーNo.11、水、オクタン酸セチル、BG、植物性スクワラン、濃グリセリン、ジメチコン、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)、ベヘニルアルコール、ステアリン酸、ステアリン酸ポリグリセリル、ステアリン酸PG、ラウリン酸ソルビタン、ミリストイルグルタミン酸Na、グリチルリチン酸2K、粘度調整剤、pH調整剤、メチルパラベン、プロピルパラベン、ブチルパラベン

 

ライスフォースは無香料・無着色・石油系界面活性剤無添加・動物性原料不使用・弱酸性・アルコールフリー・全商品アレルギーテスト済なので、敏感肌の方でも安心して使用することできます。

 

ライスフォースの特徴

厚生労働省から肌の水分保持機能を改善する効果があると認可されたライスパワー№11を高濃度で配合している医薬部外品。

 

ライスフォースの肌への効果

独自の発酵技術で成分が角質層まで届く

ライスフォースのライスパワーNo.11は一般の保湿剤より小さい極小の分子なので角質層にぐんぐん浸透していきます。

 

ライスパワー№11が水分を与えるだけでなく肌が自ら潤う力を育む

ライスフォースのライスパワーNo.11は、肌が水分量を保つ力がなんと2倍以上に!

 

使い続けることでライスパワーNo.11エキスの「水分保持能改善効果」によって水分量を常に高い状態に保ち肌みずから潤う力が育まれるので、キメがふっくらと整い瑞々しい肌でいられます。

 

肌の質をより良く変える

ライスフォースは「様々な肌のトラブルは、水分保持能の低下から始まる水分不足」と考えます。

 

ライスパワーNo.11エキスの「水分保持能改善効果」により肌本来のうるおう力を高めて外的刺激や紫外線、乾燥などの影響を受けにくくして、本来の肌状態を取り戻しうるおいに満ちた美肌へと導きます。

 

ライスフォースのコスパ

お得なトライアルキット

ライスフォースの公式サイトにはお得にライスフォースをお試しできるトライアルキットが3種類用意されているので、ぜひ実際にご自身の肌で効果を実感してください。

↓ ↓ ↓

ライスフォーストライアルキット

 

定期便サービス

公式サイトでは毎月お得にライスフォースを購入出来る「定期便サービス」があり、1点からでも特別価格で購入出来るため80%以上の方が利用しています。

 

最大25%OFFの割引をはじめ、定期便サービスだけのうれしい特典つき。

 

定期便サービスについての詳しい説明は以下のページに記載されているので参考にしてください。

↓ ↓ ↓

定期便サービス

 

結果

どちらもライスパワー№11を主成分とした商品ですが、配合量はライスフォースの方が上です。

 

そのためライスフォースは米肌より高額になる為、購入する際は定期便サービスなどを利用してください。

 

どちらも効果がありますが、ライスフォースは乾燥肌や年齢肌の方におすすめ、米肌はさっぱりしているので幅広い世代に向いていると言えると思います。

 

どちらも公式サイトでトライアルセットを販売しているので、まずはご自身の肌でどちらの方が効果があるか試してみてください。

 

 

まとめ

まとめますとこのようになります。

 

・米肌は全シリーズに肌の水分保持機能を改善するライスパワー№11エキスを配合しているのが特徴です。

 

・米肌の肌への効果には以下のものがある

 

□ライスパワー№11でセラミドが増える

 

モイストリレー効果で美容成分を浸透しやすい状態に!

 

6種の高保湿成分を配合でしっかり潤う!

 

・ライスフォースは厚生労働省から肌の水分保持機能を改善する効果があると認可されたライスパワー№11を高濃度で配合している医薬部外品。

 

・ライスフォースの肌への効果には以下のものがある

 

□独自の発酵技術で成分が角質層まで届く

 

□ライスパワー№11が水分を与えるだけでなく肌が自ら潤う力を育む

 

□肌の質をより良く変える

 

・どちらもライスパワー№11を主成分とした商品ですが、配合量はライスフォースの方が上。

 

・ライスフォースは米肌より高額になる為、購入する際は定期便サービスなどを利用するのがおすすめ。

 

・ライスフォースは乾燥肌や年齢肌の方におすすめ、米肌はさっぱりしているので幅広い世代に向いていると言える。

 

・ライスフォースも米肌もお得なトライアルセットを販売しているので実際に使用してどちらが向いているか試してみるのがおすすめ。

 



米肌☆みんな読んでる関連記事

米肌の口コミ☆トライアルセットを実際にお試しした20代のリアルな感想