肌の水分保持機能を改善させる効果があるライスパワー№11を高濃度で配合しているKOSE「米肌」。

 

米肌オイルトリートメントはどのように使えば良いのでしょうか?

 

注意点などを調べてみました!

 

 

米肌オイルトリートメントの使い方は?

米肌 肌潤トリートメントオイルとは

肌潤トリートメントオイルにはオイル層と美容液層に分かれて12種類の美容成分が入っています。

 

二層にすることで、オイル層だけでは配合できないライスパワーNo.7などの水溶性の保湿成分をたっぷり配合。

 

皮脂バランスを整え、肌に若々しいツヤと柔らかさを与えます。

 

美容成分

オイル層

米ぬか油・ 椿油・ハトムギ油・スクワラン・浸透促進成分

美容液層

ライスパワー No.7・金時しょうが・ ビフィズス菌発酵エキス・大豆発酵エキス・乳酸Na・グリコシルトレハロース

 

肌潤トリートメントオイルに配合されているライスパワー№7は皮膚の油分を保ち、乾燥やかさつきから守る働きをしてくれる成分です。

 

米肌 肌潤トリートメントオイルの使い方

肌潤トリートメントオイルには色々な使い方があります。

 

基本の使い方

使う順番は化粧水の後、美容液の前です。

 

  • ボトルを振って2層を混ぜる。

 

使用する前に肌潤トリートメントオイルのボトルを振ってオイル層と美容液層をよく混ぜてください。

 

白くなったら準備OKです。

 

  • 適量(4~5滴)を肌に馴染ませる。

 

手のひらに出し、指先で両頬、額、鼻、あごの5点に置き、肌全体に伸び広げます。

 

  • 包み込んで浸透を高める。

 

全顔に広げたらしっかり染み込ませるために両てのひらで顔を包み込んでください。

 

導入オイルとして

洗顔後、タオルドライした後の肌に肌潤トリートメントオイルを使用すると、導入オイルの役割をしてくれます。

 

次に使用する化粧水の浸透効果を高めてくれるので乾燥肌の方にはおすすめの使い方です。

 

保湿オイルとして

ファンデーションに数滴混ぜると保湿オイルとしての効果が期待できます。

 

マッサージクリームとして

肌潤クリームに肌潤トリートメントオイルを数的垂らしてよく混ぜるとマッサージクリームとして使用することができます。

 

マッサージの方法は以下のページに詳しく記載されているので参考にしてください。

↓ ↓ ↓

米肌マッサージ

 

肌潤トリートメントオイルを使う際に注意すること

使う前にしっかり振る!

肌潤トリートメントオイルは二層式なので、使う前によく降らないとオイル層だけが出てきて美容液層の効果が期待できないので注意してください。

 

透明のトリートメントオイルが白く濁ったらしっかり混ざった証拠です。

 

肌潤トリートメントオイルを使う際の疑問など

油やけするのでは?

油やけとは不純物が混ざった油分が紫外線に当たることで酸化や色素沈着を起こすことをいいます。

 

米肌では精製して純度の高いオイルだけを配合しているので、日中も油やけなどすることなく問題なく使用することができます。

 

日中のテカりは大丈夫?

肌が乾燥していると、保護作用で皮脂が過剰に出ることがあります。

 

肌潤トリートメントオイルは美容液オイルで不足した皮脂を補い、水分と油分のバランスを整えることで過剰なテカリを抑え、乾燥によるメイク崩れを防止するので日中もテカることがありません。

 

 

まとめ

まとめますとこのようになります。

 

・米肌 肌潤トリートメントオイルの使い方には以下のものがある。

 

□化粧水の後、美容液の前に使う基本の方法

 

洗顔後オイル導入液として使う方法

 

□ファンデーションに混ぜて保湿オイルとして使う方法

 

□米肌クリームに混ぜてマッサージクリームとして使う方法

 

・肌潤トリートメントオイルを使用する際には以下の事に注意する

 

□2層に分かれているので使う前に白くなるまでしっかり振る

 

・肌潤トリートメントオイルは日中に使用しても油やけしない!

 

・肌潤トリートメントオイルを使用しても日中肌がテカることはない!

 



米肌☆みんな読んでる人気記事

米肌の口コミ☆トライアルセットを実際にお試しした20代のリアルな感想